たけなかさんはなんでも屋

作編曲とレコーディング。その他諸々のブログ。

レコーディング当日に。

      2016/06/14

レコーディング当日までに準備しよう


プリプロを終え、いよいよレコーディング本番当日。今までしっかり準備していればあとはしっかりと演奏するだけ!とお思いのアーティストは意外と多いのではないでしょうか?
リハスタを使ったセルフレコーディングや顔なじみのPAさんにやってもらうライブスタジオなどのレコーディングではそれでも問題なくレコーディングを進めていくことができると思いますが、別にエンジニアさんが入っている場合、レコーディング当日までに用意しておいた方がいいものが結構あります。今回はそんな用意しておいた方がいい内容をまとめてみます。

スポンサーリンク

曲名を決めておく


当たり前ですが、仮名でもいいのでしっかりと曲名を決めておきましょう。一回のレコーディングでは複数の曲を録音することがほとんどですが、『二曲目に取った曲のここの部分をもう一回録り直したい!』などややコミュニケーションが取りづらいことが多々あります。仮名でもいいのでしっかりと曲名を決めておきましょう。

歌詞カードを用意する


Aメロ、Bメロなど分かりやすいように歌詞カードを用意しましょう。『2Aの頭からやり直したい!』などバンドメンバーではそれで伝わるかもしれませんが、歌が乗る前の段階でエンジニアさんにそれが伝わるとは限りません。お互いのスムーズな作業の為にAメロ、Bメロなどが分かりやすい状態で歌詞カードを用意しておくと大変助かることが多いです。
それから不思議なことですが、メンバーどうしでも歌詞が曖昧なこともあるのでこの機会にぜひ共有してみてください。

OKテイクを出せる人を決めておこう


テイクを重ねて行くと、『前に取ったテイクと今とったテイクどっちがいい?』なんてことは日常茶飯事です。そんな時しっかりとOKテイクを出せる人間がバンド内にいると非常にスムーズに事が進みます。もちろん、その都度バンドメンバーで話し合って決めてもいいのですが、予算や時間の都合上メンバー全員が一緒に入れないこともあるのでOKテイクを出せるプロデューサー的な立ち位置の人を決めておくと統一感のある音源が作れます。
よく『どっちがいいっすかねぇ?』と僕自身聞かれることがあります。
僕としてはバンドとの距離感が近いことや信頼されているのは非常にありがたいと思っています。聞かれた際には意見は言いますがバンドの方針を考えると今後が心配になってしまいます。

まとめ


いかがだったでしょうか?もちろん日々の練習も大切なことではありますが、こういった細かい雑務をしっかりしておくことでスムーズに作業を進めることができます。
それはお互いにとって実は一番重要なことだと思います。


**************************************************
楽曲製作、レコーディング、ライティングなど、お仕事のお問い合わせ
その他ご用件ありましたらCaontactより
ご連絡下さいませ。

作編曲家、レコーディングエンジニア、ライター
竹中康晃
**************************************************

 - バンド, レコーディング, 音楽 , ,